28 décembre 2004

平成16年度(に買った)ベストアルバム10

1.Meia-noite, meio-dia / Chico Pinheiro :
なんちゅうか、もう。こんな湿っぽい音楽を作るブラジル人がいるとは。 

2.Esquinas / Beto Caletti :
曲いい、声いい、演奏いい。ハート鷲づかみ。 

3.Chic da Silva / Adyel Silva :
メコンをわたる夜風に似合うメロウネス。 

4.Douces illusions / Ivan Paduart :
ヨーロッパの晩秋の空気を閉じ込めたかのような音。また欧州行きたくなった。 

5.Live in Tokyo / Joao Gilberto :
10月の茫然自失ふたたび 

6.Constelario / Lica Cecato:
ねえちゃん、ロックだね。 

7.The farlanders / Farlanders 
ヨーロッパ最辺境からの逆襲。トラッドをなめてはいけない  

8.Nossa bossa / V.A. :
ボサノヴァ+ドラムンベースの最も程よい融合。今後はコレですよ。 

9.Live in Tokyo / Chet Baker :
晩年のチェットの一番いいヴァイブが詰まってる 

10.Autour de Lucie / same :
こういう音はやはりフランスからしか出てこないでしょう



次点; 

Duets / Toninho Horta & Nicola Stilo :これもいい。ほんとにキレイで繊細かつGroovyな2重奏。ガットギター者もフルート者も必聴。 

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire