24 juillet 2005

北秋田ツアー

 一日目、大館郊外の山奥まで 約50km 
 二日目 金曜日。二ツ井町の山奥へ、もと森林鉄道の線路跡の道路を辿って約60km 

     仕事を終えてもそのまま帰らず、お気に入りの温泉施設「ユフォーレ」に泊まる。 

 三日目 土曜日。東由利町の山村ひとめぐり。また約50km。帰るのがめんどくさくなって横手のルートインに泊まる。 

 四日目 日曜。湯沢から稲川を経て山越え山村ひとめぐり。50kmちょっと。そのあとしょうがないから帰仙。 

 夏も近づいて暑いので自転車乗るのおっくうになりがちだが、乗ってみるとやはり涼しいし、森の中や下り坂を走りぬけるときの涼しさはトリップものだ。山からはセミの声、田んぼはブリリアントグリーンにかがやき、山はむせ返るような深緑、そして空の青。この3色にくっきりざくざくと分割された風景が日本の夏だ。山奥の農村にはすでに正しい日本の夏が到着していますよ。

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire