31 octobre 2005

Homanagem Brasileira / Sandy Cressman

 アメリカのシンガー。ブラジル人ピアノ/キーボード奏者を含む米人カルテットをバックにMPBのあの曲この曲をジャジーなアレンジでやってます。といってもアメリカにありがちな安易なジャズボサでなく、ずばずば切れのいいリズムセクションに支えられ、本国のMPBと並べても引けをとらないハイテンションな音であります。
 全体を仕切るのは豪快に弾き倒すピアノで、とくにイヴァン・リンス・メドレーなどのピアニスティックな曲でアレンジの妙が冴えています。
 ピアノのマルコス・シウヴァは、フローラ・プリムやアイアート・モレイラのアレンジャーとか、トニーニョ・オルタやドリ・カイミの作品に参加とかの経歴を持つ人であると、ライナーにあります。
 選曲もなかなかにコアなので、コピペしておきます。


1) Vale o Escrito - Filo Machado(in tribute to Leny Andrade)
2) Viola Violar -MIlton Nascimento/Marcio Borges
3) Coracao Sem Saida (Spring) - Dori Caymmi/Paulo Cesar Pinheiro
4) A Felicidade - Antonio Carlos Jobim/Vinicius de Moraes (in tribute to Joao Gilberto)
5) Amor Ate o Fim - Gilberto Gil (in tribute to Elis Regina and Cesar Camargo Mariano)
6) Porque Somos Iguais - Durval Ferreira/Pedro Camargo (in tribute to Emilio Santiago)
7) Cafe Com P縊 (Jodel) - Joao Donato/Lysias ハnio
8) Ivan Lins Medley:
Saindo de Mim - Noturna - Palhacos e Reis - Maos de Afeto -Antes Que Seja Tarde - A Voz do Povo
9) Branca - Danilo Caymmi/ Joao C. Padua
Mudanca dos Ventos - Ivan Lins/Vitor Martins (in tribute to Nana Caymmi)
10) Tem Boi Na Linha - Djavan/Blanc/Emilio
11) Brasil de Hoje - Marcos Silva/Sandy Cressman


 でもジャズヴォーカルを聴きなれてる人には、この人のベッチ・カルヴァーリョとかナナ・カイミとかみたいにちょっとフラットする音程の歌い方はちょっと違和感あるかも。
 まあ、そんへんが気にならないくらい、バックの演奏が熱いので、総合点は高いのでした。


 このアルバムは98年作ですが、その後も地道な活動の後、ことし05年に新譜「Brasil, sempre meu coracao」をリリース、そっちのライヴ↓。


Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire