27 novembre 2006

My today / D'Sound

 シャーデーみたいで、シャカタクみたいで、スティービー・ワンダーみたいで、「ブラコン」世代のわたしたちのツボをぐいと押すこのノルウェーのバンド、正式メンバーの3人がVo、Ba、Drというだけあっていかにも生っぽいリズム(ハイハットのペダルのバネがキコキコいう音まで入ってる。油させよ)と70~80'sのニオイがするアレンジと楽曲がぐっと来る1stと2ndが大好きでした。しかしその後わりとフツーのポップスぽくなってしまったアルバムが2枚続いて、あれまあと思っていました。

 その後、ベスト盤を出して活動に一区切りつけた後の5枚目のスタジオ盤がこれ。ジャケ見て「誰このねいちゃん、Vo替わったの?」と思ったら、髪伸ばしただけだった。

 で、音はと言えば、おお、まるっきり1stに戻ってるじゃないか。ズバズバ決まりまくる生ドラムと生ベース、シンプルなバック、胸に迫るブラコン風メロディ。コレだよコレ。1stの曲を再録音した「Sigh」ではスムースジャズ界の売れっ子、ティル・ブレナーが参加してたりして、なるほどそっちのほうでの業務展開も狙ってると。

 思惑はどうあれ、バンドの初心に帰ったかのような、とてもカッコいいアルバムです。バンドのサイトで試聴して、M⑦「1,2,3」でギター、ベース、ドラムいずれかのエアー行動反応が出ない人のプレイヤー魂は死んでいる。

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire