7 septembre 2009

チェコ ボヘミア地方 2009 Day1

 8年ぶりのヨーロッパ。
 プラハはルズィニェ空港によっこらしょと到着。

 空港から市内までは、少し前に開設されたばかりのAirport Express というバス。
 カッコよさげな名前から日本のエアポートリムジンみたいなのを想像していたら、やって来たのは
普通の路線バス。床下の荷室もなくて荷物は車内のラゲッジスペースに置く

 フツーのバスだけあって料金も50krと安い。プラハ中央駅まで所要40分。
 車窓から見る空港周辺の殺風景な景色が次第に街らしくなって行く高揚感。
 初めての国では尚更である。

 やがて旧市街が視界に入ってくる。来たなあヨーロッパ。
 着いたプラハ中央駅駅舎のアールヌーヴォー全開の造りにまず圧倒される。
 ちょうど改装工事中だったが、新しい駅の機能はすべて地下に集約されており,
 この駅舎は修復された上でこのまま保存されるという。



 次の日すぐに鉄道で輪行する予定なので、駅にいちばん近いホテルをとった。
駅舎を出ると広場があり、その向こうに緑地があり、その向かいがホテルである。ものの100m。これは近い。
Hotel Chopin は外見は重厚なバロック風の建物だが、中はすっかり改装されてモダンな造りのブティックホテル。65€。
プラハの街は最後の日に見ておく予定なのだが、せっかくなので夜ちょっと近くを散歩する。
ウェンセスラス広場に通じる目抜き通りは夜でも観光客が世界の国からコンニチハだ




Day2 >

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire