26 avril 2010

Til hvers ? / Litid Eitt


さいきん火山灰撒きまくって衆目集まるアイスランドですが、火山灰だけじゃなくときどき世界がびっくりするような音楽も生み出す国です。

これは最近発掘された1975作レア系フォーク。北欧ならではの透明感と美しいコード使いに加え、英国に近いほっこりした雰囲気も。
 メインは男性Vo(アイスランド語)ですが、ときどき歌う女性voがあまりにヘヴンリー。この人が出てくるとテューダー・ロッジ状態になる(PP&Mぽいコーラスもテューダーロッジ的だ)。
ピアノをバックにソプラノヴォイスが天上より響く最後の曲などプログレ者も昇天確実。
脳天気なフォークロック調も数曲あるけど残りの曲の良さに比すれば取るに足らない。

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire