12 décembre 2010

Um Rio / Marcio Faraco


 ブラジル人だけどフランス住まいのこの人、SambaやBossanova、そしてMinas系が根底にありながらフランスぽい翳りにあふれたうつむき加減の音づくりで、今作が5枚目。
 今作はボサノヴァの要素を前面に出した、佳曲揃いでしかも聴きやすい力作です。

 ポロンポロンと少ない音数なのにとても印象的なピアノを弾いてるのはBaden Powellの息子。
全編にわたってパリの裏通りにそぼ降る雨のような繊細なアンビエンスを加えています。

 ブラジル好き、欧州好き者ともにおすすめ。

 その他のトリビア:
3曲目でMilton Nascimentoが歌ってる。
9曲目の歌詞は、Motha & Lobatoも取り上げた詩人F.Pessoa


レコーディングメンバーによる新譜のスタジオライヴをドゾ。
ゴダンいい音してるねえ。

↓↓ うわああああ リンクして5日でDeleteされたああああ。DLしとくんだったああああああああああ






Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire