25 décembre 2011

While mortals sleep / Kate Rusby

 こんばんは。商業主義に踊らされることなく清らかな聖夜を提唱するメロウ野郎です。
去年に続いてクリスマスアルバムをリリースしてわたしたちの一年間穢れまくった魂を洗浄してくれるケイト・ラズビーたんです。
前作同様、キュートなイメージそのままの親しみやすさと正統派英トラッドの薫りが共存するシンギングと演奏。これほどイギリスの12月を体現する世界があるでせうか。クリスマスプディングです。暖炉の火です。程よく配された金管もイングランドの田舎の楽団といった風情でほっこり暖まる響きです。
動画は前作「Sweet bells」からですが、今作も同様のほっこりアンビエンスに満ちてます。さあ雪を踏みしめて教会のミサに向かいましょう。




2 commentaires:

  1. 今日は、どうも。。
    雪道はいかがでしたでしょうか。
    差し上げたBGMの感想も気になるところです。

    >ケイト・ラズビーたん

    本当だ、とっても清楚。。。「ぽい」。。。
    聖夜にぴったりだすね。

    RépondreSupprimer
  2. すずっくさま、フィン語の罠をかいくぐっての初コメントありがとうございます。その後山形県内でホワイトアウトの恐怖を克服して無事帰りました。おみやげのTriosence,
    Siljeを思わせる清冽な感じですばらしく、家人ともども味わっております。よいお年をお迎えください。

    RépondreSupprimer