31 août 2012

2012スロバキア自転車旅 Slovakia Day2

Day2  ポプラド(スピスシュカソボタ)まで輪行 
           To Poprad (Spiska Sobota) by train

Old street, Bratislava
昨日までとうってかわって朝から雨。
ホテルのすぐ近くのショップ(ここ)に出向いて予約してあった自転車を借りる。
3週間で160ユーロ。

雨の中を突っ切って中央駅へ向かう。
ブラティスラヴァ旧市街は相変わらず首都らしからぬのんびりした雰囲気。






首都の中央駅とは思えないのんびりムード。

1357発コシツェ行きの急行列車に乗る。今日の目的地ポプラドまで350㎞、5時間の旅。ちょうど上野から山形まで昔の特急「つばさ」で行くようなものか。









車窓からの景色ははじめのうちは畑ばかりで単調だが、途中のジリナあたりから東に行くにつれタトラ山脈のごつごつした山並みが見えてきて、次第にそれが近づいてくる。6月というのに残雪が目につく。東に行くにつれ次第に雲も切れてきて晴れ間ものぞいてきた。
最高地点はポプラドの約15㎞手前のStrbaと いう駅。まだ雪の残る山並みを望む高原地帯だ。そこから広々とした風景の中を次第に標高を下げていく。どうせならあのあたりから自転車で走ったら気持ちよさそうだ。

1847、ようやくポプラドに着く。市街地はあまり風情がない、というかただの商店街。
予約した宿はそこから3㎞ほど離れたスピスシュカ・ソボタという歴史地区にある。
住宅街を抜けて坂を上り、ぱっと視界が開けると石畳の広場と特徴的な屋根の伝統家屋の家並みが。思わず「あらステキ」などと乙女な台詞が口をつく。




夕食は宿のレストランで。: チーズ入りガーリックスープ(スロヴァキアの定番)1.5€ 鶏のハーブ焼3.8€ 


宿: Penzion Sv.Juraj  web 一泊32€
14世紀築という建物は雰囲気満点。パステルカラーに塗られた壁と木の天井の部屋は居心地よく、結局3泊もしてしまった。
右から2軒目





<Day1                           Day3>

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire