1 septembre 2012

Organic / Sylvain Luc

初期はゴダンのエレガットの広告塔のような瀟洒なアコースティックトリオでやっていたこの人、前作からなにやら歪ませたエレキでギュイーンといわせはじめ、この最新作ではピアニストが入ってベーシスト抜きの変則トリオになりまたも新局面。

全体の叙情的な雰囲気は相変わらずながら、曲によっては切れ味鋭いプログレ / ジャズロック風になったりして、同じ仏蘭西のグウェン・レみたいな方向も目指してるのかなと。
 リンクの曲はギュイーン無し。↓

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire