13 février 2013

チェコ&スロヴァキア オーストリア ハンガリー Day9

ブルヂェツラフ周辺 Around Břeclav

 
 ブルヂェツラフの南、オーストリアとスロヴァキアの間にむりやり割り込んだような盲腸型の一帯は、かつてリヒテンシュタイン家が猟場として私有、続く社会主義時代にも軍事上立ち入り禁止だったため人家はなく、自然保護区となった現在も無人の広野と森が続く。
一帯にはトレイルが整備されていてポタリングにはうってつけなので一日ぶらぶらしていくことにする。城の隣の宿にももう1泊。

いってらっしゃーい(やる気なし)。

かつての森林鉄道の廃線跡が整備されて格好のサイクリングロードに。

ポハンスコ館。リヒテンシュタイン家の狩猟場クラブハウスとして19世紀築。

見わたす限り私有の御狩場だったなんて、リヒテンシュタインさん金持ちすぎる。

立ち枯れた木の上にコウノトリの巣

自然保護区をどこまでも

ラニイ館。リヒテンシュタイン家の狩レストハウスだった。


橋はいきなり鉄道もしくは軍用テイスト。

まさに自転車天国

晩ごはんは「ブルヂェツラフ風串焼き」。豚に鶏にハムに野菜がぎっしりで食べごたえあり。

ブルヂェツラフ城。1階部分だけ営業(ワインセラー)していて夜はライトアップも。


<< Day8         Day10 >>


Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire