31 décembre 2013

MeNaiset

MeNaisetは女性8人からなるアカペラコーラスグループ。メンバーにはNiekkuやHedningarnaといったフィン・トラッドの大物バンドのメンバーも。それぞれ伝統楽器の奏者としても活躍する人たちですがこのグループは無伴奏アカペラのみ。

 このグループの特色は、フィンランドのみならずロシア領やエストニアに跨るフィン・ウゴル語族の少数言語のポリフォニー音楽を採録して歌っているところ。歌詞はフィン語のほか、イングリア語(旧フィンランド領ヴィープリ=露サンクトペテルブルグ周辺)、セトゥ語(エストニア南部)、モクシャ=モルドヴィン語(ロシア、マリ共和国)で歌われています。
特に耳を惹くのは独特のポリフォニーの伝統を持つセトゥ語の歌。より土俗的で強烈なエネルギーを感じさせます。(ちなみにメンバーのAnneli Konto-Rahtolaはエストニア人)

 この1stアルバムのあと、モルドヴァの男声コーラスグループTooramaとの共演盤を制作、そのあと3枚目が出たようですが未聴。
メンバーの異動があり現在は6人編成となっていますが、2013年現在もライヴ活動を続けているよう。ウェブサイトはここ

 なんとようつべにテレビ出演時のスタジオライヴが。

1 commentaire:

  1. ファーストお持ちなんですね。それは羨ましい。Digelius、Jukebox共にファーストとセカンドは見当たらないんですよね。どこかで入手出来ないものかとたまに探ってるんですが。

    RépondreSupprimer