2 décembre 2014

旧越後街道パスハンティング 2007 (山形・小国町)

 山形置賜地方から新潟県に抜ける旧越後街道、明治以降国道113号が開通し主要交通路としての役目を終えたのちも、並行す県道は山奥の集落をつなぐ生活道として永らえている。小さな峠をいくつも越える愉しい道。一昨年と昨年に次ぐ3度目の走行だが、このあと横川ダム建設による道路付け替えや、樽口峠から下る道の崩落(永らく通行不能だったが2015年復旧開通)があったりで現在は状況が異なる。

今回もJR米坂線羽前沼沢まで輪行


 桜峠に向かう登り

 建設中の横川ダムに沈む市野々集落跡。前々年に通った際はまだ家屋が残っていたがこの時は跡形もなし。飛泉寺跡の大イチョウ(樹齢300年)はこのあと大がかりな移植工事でダム上に移されて生き延びる。工事の様子



他の峠の様子は前年の春篇で

 樽口峠に登る道でどしゃ降りに遭い、一時雨宿りのあと
 峠に着くと神の恩寵のように雲が晴れ陽が射して雄大なパノラマが。カミサマありがとう

 このころ筋トレにこっていたので無駄にガチムチ

 峠から降りて、


白川を渡り、

最後の朴ノ木峠を越えて小国の街へ。きつかった。



 小国駅で今日はおしまい

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire