17 décembre 2014

2012 オーストリアとハンガリーふたり旅 Austria & Hungary Day1

(ここまでのあらすじ)スロバキアとハンガリーを2週間旅したメロウ野郎、ブラティスラヴァに戻って日本から来たメロウ夫人と合流、レンタルしたMTBでオーストリアからハンガリーへ1週間のお気楽旅に出かけるところ。

Day1 ブラティスラヴァ--(鉄道)-- パルンドルフ- イルミッツ
Bratislava -(train)- Parndorf - Ilmitz
スロヴァキアの首都から輪行してオーストリア領内で下車、ノイジードラー湖沿いのサイクリングロードを快走。




正確には旅のはじまりはスロヴァキア。ウィーンに着いてバスで来たメロウ夫人との合流場所、ブラティスラヴァのHotel Tulip 。たいへん居心地よく気に入ったのでこの後2015年の旅でも泊まった。

レンタル屋に向かいわたしが借りてるのと同じクロスバイクを夫人用にも。そのあと旧市街を抜けて中央駅に向かうが、切符売り場ではじめてオーストリア方面に向かう列車は中央駅でなく市街を挟んで反対側のペトルジャルカ駅始発であることを知らされる。てへぺろ。

ドナウ川をも渡って中央駅と線対称のぺトルジャルカ駅へ向かう

ペトルジャルカ駅は全然首都の始発駅ぽくない小さな駅で。ウィーン行きの列車も近郊型。自転車を置くスペースは低床になっていてラクに輪行できる(自転車料金 いつの間にやら国境越えてオーストリアに。

途中のガッテンドルフという駅でガッテンしてみるというネタ。

サイクリングコースにいちばん近いパルンドルフの駅で降りて走り出す。

風力発電の盛んな一帯。森の茂みから時おりウサギが出てきて追いかけっこになる。

最初の街、ノイジードル・アム・ゼーから湖沿いのサイクルロードに。

といっても湖はなかなか見えない


たまに見える

まあだいたい野原やらブドウ畑やら。途中の湖岸の町ポダースドルフにも宿はあまたあったが賑やかで落ち着かない感じ。

湖岸じゃないけど落ち着く感じの静かな町イルミッツの宿に着く

Weingut Opitz。名前の通りワイナリーも経営している

部屋はローラアシュレイ風。

「前に日本人が取材に来てね、うちがこの本に載ってるんだ」とオーナー。この時がわれわれもオーストリアワインと初めての出会い。日本ではあまり飲めないグリュナーヴェルトリナー。きりりと辛口の白。

イルミッツの街で晩ごはん。Puntigamer はグラーツのブランドだけど。

オーストリアめしに不慣れなのでついついシュニッツェルに流れる。

Day2 >>


Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire