5 février 2016

2002 冬のフランス Day2-4

1月16日 Day2 パリからブロア Paris - Blois 

 ハードケースにツーリング中必要のないものもろもろを詰めてホテルに預ける。携帯用輪行袋に自転車を詰めてモンパルナス駅からTGVで輪行。輪行袋に入れていればTGVでも無料で持ち込める(2002年当時)。トゥールまでTGVで行き在来線でブロアに引き返す行程。
 ブロアには10年以上前に初めてヨーロッパを回ったときに来ている。フランス王の幾人かが居城とした由緒ある壮麗な城があってエレガントな風情の街だ。
駅前のホテルに投宿。225フランできれいな部屋にダブルベッド。まずはここに2泊する。
Hotel Saint Jacques

1月17日 Day3 ブロアからシャンボール周回

 いよいよ今日から走り出す。まずは足馴らしにブロア近郊一周。有名なお城なども見てやろうと観光客マインド。
 ブロア市街から出る道は結構車が多くて最初からビビるがやがて静かな住宅街へ。静かな町行ユイソーs/コッソンを過ぎるとシャンボールの森に入る。この広大な森は一般に開放されているのは一部で後は歴代国王専用(今は共和国大統領)の御狩場である。その森の奥にシャンボール城がある。シーズンオフとあって補修工事中であった。ふたたび森の中の一本道を行く。やがてブラシューの街に着く。18世紀築と言う屋根付き市場がある。ホテルも数件あったがどれもオフシーズンで休業中。田舎道を進みモン・プレ・シャンボールを経て行きとは違う道でブロアに戻る。
シャンボール城

1月18日 Day4  アンボワーズまで

10時に出発。フレンチカントリー調の瀟洒な家の住宅街を抜けブロアの森に沿って走る。シュジー・シュル・シッスからは畑と牧草地の広がる気持ちの良い道。オンザンからルートをそれてロワール川を渡りショーモンへ。ショーモン城も10年前に訪れている。当時はおおなんと絵本のような街並みと感動していたものだが今見るとレストランや土産屋でよくあるツーリストトラップといった風情である。城もシーズンオフで閉まっていた。
オンザンに戻りまた田園風景の中走っていると雨になるが雨具を着るとまもなくやんだ。人生そういうものだ。アンボワーズの街に入る前にホームセンターがあったので入ってみる。狩猟用品売り場で猟銃が売っているので驚く。自転車用品売り場も小さいながらあって700Cのタイヤが並んでいるのは欧州ならでは。

クロ・リュセ館。フランス国王と結婚したブルターニュ公国王女、アンヌ・ド・ブルターニュが、またのちの時代にはレオナルド・ダ・ヴィンチが招かれて住まいとした。
>

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire