7 mai 2016

ドイツ&フランスGE&FR 2014 Day9

Day9 ゲンゲンバッハ -  オベルネ(フランス)
   Gengenbach - Obernai (FR)

ライン川を越えてフランス・アルザス地方へ



うるわしのゲンゲンバッハの街に名残を惜しむ




こんな標識があるからオベルネまで地図要らずで楽勝と思ったが、そうはいかない。


きのう通ったベルクハウプテンを抜けて

オッフェンブルク近くの保存車両。広軌のSLはでかくて迫力


 オッフェンブルクの先国道沿いにまっすぐ行けばライン川を渡る橋なのだが、フランス側は主要国道を走らなければならないし、静かな道で行きたかったのですこし迂回していく。こんな気持ちのいい道も。


ゲンゲンバハで見た標識はどこへやら。地図と首っ引きですすむ

さっきの道もそうだが、この道は廃線跡のニオイがする。よく訓練された鉄にはわかる。


 やはりそうだったか。ストラスブール対岸のケールからオッフェンブルク、さらにライン東岸の村を結んで南下し、シュヴァルツヴァルトに入ったゼールバッハまでを結ぶ鉄道が1980年代まで走っていた。マイセンハイムからオッテンハイムまでの区間は自転車専用道として整備活用されている


やはり廃線跡サイクリングは気持ちいい


オッテンハイムから国境の橋を目指すも道を間違え遠回りになる。しかしどん詰まりの村ノネンヴァイアーNonnenweier が味のある家並みだったのでよしとする。



かぼちゃいろいろ売ってます




ようやくライン川に出る。だが対岸のフランス側に渡る橋まで数㌔戻らねばならぬはめに


味も風情も無い国境越えてフランス入り


橋の上から独仏両国をのぞむ


フランス側は自転車レーンとか無いしクルマも飛ばすやつ多い気がする


 はやくオベルネに着きたかったのでフランスに入ってすぐのエルスタンErsteinは素通りしたが、あとから調べたら旧市街は美しい街並が保存されており立ち寄るに値する街だった。
 オベルネの手前のマイシュトラッツハイムまで来てようやく写真撮る余裕がでてきた。



オベルネの手前ニエデルネから自転車専用道になる



ようやく夕闇迫るオベルネに到着


旧市街観光は明日にする


Hôtel De La Cloche 朝食付56€だけど狭い

<< Day8        Day10 >>

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire