29 juillet 2016

2016 瀬戸内サイクリング Day1 & 2 

Day1  道後温泉まで to Dogo Spa, Ehime



 山形からJALの伊丹乗り継ぎで松山へ、のはずが松山行きが「機材の都合で」欠航となりANAに振り替えられた。空港内めっちゃ歩かされたし到着もすこし遅れJALの野郎プンスカである(お食事券もらったけどな)。


 松山空港からリムジンバスで道後温泉まで直通。市街で路面電車を見たときから鉄の血が滾り興奮状態だったが、着いた道後温泉駅もこれまた。明日じっくり味わおう。


道後温泉「茶玻瑠」に投宿。ごちそうあれこれ。


朕は満足じゃ



Day2 道後温泉から今治、大三島まで


翌朝は晴れ。近くの道後温泉本館がどどーんと。


外来入浴と休憩ができる。入らなかったけど。


「坊っちゃん」キャラに囲まれる家人のフレッタ


 伊予鉄道市内線はまだ16だから最新鋭のトラムもあるけれど、大半は昭和の顔をした車両でたまらない。坊っちゃん列車は見かけはSLだがうしろの客車に動力が仕込まれていて蒸気機関は無い。鉄三昧は帰りにとっておいて、道後温泉からJR松山駅まで坊っちゃん列車と抜きつ抜かれつ(のゆっくりさで)自走。



特急しおかぜで輪行して今治に向かう


 指定席を取ったけど松山から今治は利用者も少ないためかほとんどの客が自由席で悠々座っていけるので指定席はガラガラ。この車両の客はわれわれだけだった。所要50分足らず。


 しまなみ海道は今治駅から一駅手前の波止浜まで線路に並走しているが、その区間は車窓から見てあまり楽しそうでなかったので、今治でしおかぜを見送ったあと各停で一駅戻り、波止浜駅から走り出す。



g



波止浜駅前からしばらく行くとほどなく来島大橋に上る。しまなみサイクリング開始!


うおーホントに海の上

絶景かな絶景かな


来島大橋をふりさけみれば


橋を下りて大島に上陸。静かな漁村と波の無い海が続くのどかな道


海も澄んでいる、てか君そんなんでほんとに海かと



と喜んだのもつかの間、やがて峠を登らされる。たいした距離ではないけれど海辺のフラットなコースのイメージがあったので意表を突かれた。


田浦峠からの眺め


峠からがーっと下って島の北側へ


本日ふたつ目の橋


渡った先は塩で名高い伯方島。でもコンビニでガリガリ君食っただけで先へ急ぐ。


もうひとつ橋を渡って大三島に。

島の東側を北上する道はルートから外れて集落を結ぶ旧道を辿ったがいい道だった(先を急いでいたので写真撮らず。画像はGoogle Mapから)。
 上浦から島を横断して宿のある西岸の宮浦まで、しばらくは車道に並行した自転車道(少々荒れている)を行くが、宿に電話してみると「その自転車道は途中から険しい山道になるしイノシシが出たりするから峠は車道で越えなさい」とのアドバイス。

峠(GoogleMapより)、さほどきつくない、


無事宮浦に到着。レトロな家並みがつづく静かな街


旅館茶梅(うどんじゃなくてその一軒向こう)に泊まる。

近くの入浴施設マーレグラッシアに無料サービス(送迎付き)。沈む夕日を見ながらの露天風呂が最高でした(カメラもスマホも持ってかなかったので写真はGoogleMapより)
その向こうがご家庭でおなじみ伯方の塩の工場(じつは大三島にある)。

晩ごはんはすぐそこでとれたさかなやら




本日も満腹である

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire