3 janvier 2017

2015 チェコとオーストリア自転車ふたり旅 Day1

 家人とチェコ・オーストリア国境のあたりを出たり入ったり八日間の旅。
 2009年に一人でこの辺りを旅したときに気に入ったので家人を連れてもう一度行こうと思ったのだが、短い期間に欲張ってあちこち行き過ぎて(輪行の多さ!)いささか慌ただしい道中となった。

Day1 ウィーン=(バス)=ブラティスラヴァ(スロヴァキア)

Day2 ブラティスラヴァ=(鉄道)=クティ〜ブルヂェツラフ(チェコ)=(鉄道)=ミクロフ
Day3 ミクロフ=(鉄道)=ズノイモ〜ヴラノフ・ナド・ディイ
Day4 ヴラノフ・ナド・ディイ〜ドローゼンドルフ(オーストリア)

Day5 ドローゼンドルフ〜スラヴォニツェ(チェコ)〜テルチ
Day6 テルチ
Day7 テルチ〜トヂェシュチ=(鉄道)=ズノイモ
Day8 ズノイモ〜レッツ(オーストリア)=鉄道=ブラティスラヴァ(スロヴァキア)

Day1&2 

ウィーン=(バス)=ブラティスラヴァ(スロヴァキア)=(鉄道)=クティ〜ブルヂェツラフ(チェコ)=(鉄道)=ミクロフ
Wien - (bus)- Bratislava -(train)- Kuty - Breclav -(train)- Mikulov



もうおなじみのブラティスラヴァ

わたしが小さいのでなく、家人がでかいので念のため(二人とも171cm)

しかし現地で借りたクロスバイクはもっとでかい外人仕様だった。フレームもだけどステムも高くてめっちゃアップライト。前回と同じ業者 Bratislava Bike Point (旧称Luca Tours) だけど川向こうに移転していた。8日間で104ユーロ。


親子自転車旅行ですかと。

中心街を通ってブラティスラヴァ中央駅へ向かう。

駅でケバブ買いに行かされるパシリ

だらだらしてたらこの時点で14時過ぎ


近郊電車で一時間ちょっと、チェコ国境近くのクティまで輪行


乗ってきた列車。一階に自転車スペース(自転車マーク)


走り出してほどなく国境を越えてチェコへ


2011年にも訪れた、オーストリアとスロバキアの間に無理やりねじ込んだようなチェコ領の一角、かつては貴族のお狩場、冷戦時代には一般人立ち入り禁止エリア、今では自然保護区となっている。人家もなく森と野原が広がる。


はい野原。


はい森。


よさみに富む橋


かつての貴族のハンティングハウス。
当初ミクロフまで自走できればと考えていたが時間もかなり押してしまい、雨も降ってきたので残り20数キロは輪行することにしてブルヂェツラフの街に向かう。


ブルヂェツラフ駅から輪行。ミクロフまでは25分ほど。
宿は最近増えてきた一軒貸しアパートメント。はじめにオーナーの家に行って鍵を受け取って支払いをすることになっていたが、電話してみたらクルマで現地まで送ってもらえることに。小さなセダンのトランクに家人のクロスバイクを突っ込んで石畳の坂をゴトゴト登る(自転車が落ちないか心配したが)。旧市街の丘のてっぺんに宿はあった。


一泊68ユーロ 食事なしだがキッチン完備


地下はワインセラーになっている


オーナーのおっさん


オーナーおすすめのローカルワインを開ける。


部屋からの夜景

 Day2 >>

Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire