18 février 2017

2015 オーストリア&スロヴェニア AU&SV Day9

Day9  プトゥイ A day-off in Ptuj
           プトゥイ旧市街でもぞもぞする。


朝食。食堂は半地下にあってこれも16世紀のままだそうな

昨夜入ったレストラン

街を見下ろすお城、今は博物館に向かう。

最初に城が造られたのは12世紀。東側に連なる山地と西側の平原(ハンガリー)の境界だから古くはオスマントルコ、その前はマジャール人からの防衛拠点。

その後はいろいろな貴族の手を経て大戦後は博物館になっている。

かつての城主の古楽器コレクションの展示

別な展示室の何やら異教的楽しげなフォークアートに激しく魅了される。

近郊のMarkovci村に伝わる、冬を追い払い春を呼ぶ祭りの衣装だそうな。これは面白すぎるだろ。

ウルトラマンに登場した伝説怪獣ウーが海を渡ってスロベニアに根付いたものと言われている(てきとう



こども用もあるのがめんこい


腰にぶら下げたカウベルをがらんがらん鳴らしながら練り歩く祭りだそうな。

もふ祭りの様子



こちらは歴代城主のゴージャスインテリア自慢コーナーが部屋から部屋へ続く

バルコニーから街を眺めて民の幸福を祈る


街の起源はお城よりはるか以前、紀元前1世紀にローマ帝国の駐屯地が置かれたのがはじまり。ローマ名ポエトヴィオ。

旧市街の随所にローマ時代ゆかりのレリーフが(これはレプリカで本物は博物館だけど)


そんなわけで自転車なしの一日が暮れる

もう一泊して明日は近郊ポタリング


<< Day8     Day10 >>

17 février 2017

2016 瀬戸内サイクリング旅 Day4

Day4  竹原 - 忠海 - 大久野島(うさぎ島)
Takehara -(train)- Tadaumi -(ferry)- Okunoshima Is. (a.k.a. Bunny Island)
竹原の街並みを見てからうさぎ島に渡るの巻



小雨のなか竹原旧市街を見に行く。
NHK朝ドラ(当時)「マッサン」でおなじみニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝の生家があるし銅像も立ってる。



雨だし午前中だし観光客は少ないけどだんだんツアーバスが着いてどばどば人が増えてくる。



元郵便局ですって




内部見学できる家も。


おじゃましました。


さて今日はうさぎ島こと大久野島に渡る。竹原港からフェリー。


一般客は行列作って乗船するのを尻目に自転車は車両扱いですんなり乗れるしデッキにいていい(しかもなんか食ってる)。

一般客は船着場からバスで休暇村に向かう。外国人観光客も多い


島に上陸するとさっそく住民が出迎え


いるわいるわ。


「こんにちは」「なんかおいしいものちょうだい」「へんなじてんしゃ」



竹原で仕込んできたエサでさっそく地元民と交流


もふもふ族の襲撃


どさくさに紛れて白昼ハレンチな行為に及ぶ者も


その結果子ウサギも多い



島に民家はなく公営の宿(休暇村)があるのみ


大戦中は旧陸軍の毒ガス工場があり民間人立ち入り禁止の「地図にない島」


工場の遺構


今ではのどかなうさぎの島


そんなわけで休暇村に泊まる。夕食はお好みバイキング(盛り方は上品だが品数はすごい)。


タコ関係がおいしい


追加で頼んださざえの刺身

<< Day3          Day5 >>

3 février 2017

2012 オーストリアとハンガリーふたり旅 Austria &Hungary Day2

Day2 イルミッツ – ヘギケー (ハンガリー)
          Ilmitz - Hegykő (HU)

暑い一日、国境を越えてぽくぽくとハンガリーへ。



今朝もまたもりもり食べる

せっかくだからノイジードラー湖に寄っていく

ノイジードラー湖で英気を養う。

今日ももっぱらぶどう畑



たまに馬とか

ひまわりとか

暑いので国境の町パムハーゲンのカフェでまたひと休み

あまりの心地よさに日記つけ始める夫人

検問所の建物はあるがフリーパス

国境からほどなく野原に突如出現するハプスブルク家の大貴族エステルハージ家の宮殿。かのハイドンも楽師長として20数年間住んでいたんですって。あまりの壮麗さに「なんか入館料高そうじゃね」とおじけづき眺めただけで去ったが、なんと1泊2名一万円前後で宿泊もできてしまうのである。

国境沿いに西に向かう道はサイクルレーン完備

農家もハンガリー様式


ヘギケー到着。今日の宿 Hotel Tornácos


夕食は宿併設のレストランで。

ハンガリー名物ハラスレ(魚スープ)頼んだらこんなので来た

ハンガリーとくればグヤーシュ


<< Day1       Day3 >>